音響セラピー シンギング・リン®

シンギング・リン®とは

シンギング・リン®は、1打で全倍音を奏でることができる唯一無二の打楽器です。
この調和的な倍音の振動が、普段触れることのできないお体の深部にまで、速く浸透します。また、このシンギング・リン®を体の周りに複数並べ、共鳴させると、精妙な倍音の「音のドーム」に包まれ、瞑想しているような深い意識状態を生み出し、至福の感覚を体験できます。

シンギング・リン®のサウンドセラピー、ハーモニック サウンド・ドレナージュでは、心身の乱れてしまった振動数を調整し、様々なストレス等で溜まった凝りや滞りを緩めて流す働きがあります。体はもちろん、心の深い癒しが起こり、私達の本来持つ正常なリズムへと戻していきます。

シンギング・リン®のサウンドセラピーにより、ストレスを減少し、落ち着きを増し、体の細胞水を活性化する効果が、学術研究からわかっています。
全身の細胞が活性化し、血液やリンパ、気の流れが良くなり、続けてセッションを受けることで「自然治癒力」が復活し、人間本来の健康な状態に戻っていく事が見込まれます。

シンギング・リン®のサウンドセラピーは、心と身体のバランスを取り戻し、本来の自分の状態を思い出すきっかけとなります。

シンギング・リン®のサウンドセラピーは、医療行為ではなく、リラクゼーションを目的としています。

シンギング・リン®が体に与える影響

私たちは、1人ひとりが音を奏でる楽器のようなもので、私たちの体は本来、その細胞のひとつひとつが振動し調和しています。 しかし、ストレスや生活状況などの影響でそれらの振動が乱れていくと、細胞の働きが崩れリズムもずれて不調和音になってしまいます。
それが続き、だんだんひどくなると体や心の病気につながっていく要素の1つと言われています。豊かに、自分らしく、健康に生きていくためには、心と身体と魂の調和は必要不可欠です。
シンギング・リン®の倍音と振動(ハーモニック サウンド)に共鳴共振すると、身体と心の不調和が整い、本来の状態にチューニング(調律)され、今のあなたにとって一番バランスのとれた状態に戻ると考えられます。

体に直接伝わる音の振動

シンギング・リン®は、体の上に乗せて奏でることができます。それにより、全倍音と共倍音を聴覚と視覚、そして感覚から体感することができるのです。

人の体は60-65%水分でできているといわれており、体内にある水分がシンギング・リン®の音の振動によって安定し調和の取れた六芒星の形を形成して振動していきます。
また体内の細胞分子 水の部屋に入っているため、体内の水分が濁っていたり滞っていたりすると、細胞分子が振動しにくいため、セッションを受ける前後はお水を飲み、シンギング・リン®の振動が細胞に伝わりやすいようにすることがおすすめです。

すべてのシンギング・リン®は、音の周波数を一致させており、一度に5個のリンを奏でると、サウンドレゾナンス(音の共鳴)現象が起こります。一つのシンギング・リン®を奏でると、近くにある他のシンギング・リン®も共鳴します。複数の周波数で完全共振共鳴が起こるのは、世界でもシンギング・リン®のみ。
シンギング・リン®を でると、世界中のシンギング・リン®も量子力学での波動レベルで振動することになり、最も自然な調和の音色を、世界規模で奏でることになるのです。
※水が情報を記憶し、伝える媒体であることは最新の物理学の研究でも明らかにさせています。

ハーモニック サウンド・ドレナージュ

90分 ¥15,000 (税込)
初回 90分 ¥9,900 (税込)

※カウンセリング・施術・お仕度を含んだ時間となります。

オプション
10分 ¥2,500(税込)
20分 ¥5,000(税込)
30分 ¥7,500(税込)
回数券
180分 ¥40,500(税込) 有効期限3ヵ月
300分 ¥63,750(税込) 有効期限6ヵ月

学術研究&研究データについて

(1) 慶応義塾大学 満倉靖恵准教授 感性アナライザー
(世界初、人の感情をリアルタイムに測定できる機器)
被験者 20~60代男女 110名  ストレス低下・・・89名   沈静・・・87名
シンギング・リンRを聴いて心穏やかになることが立証された。

(2) 神戸大学とゆの里アクアフォトミクスラボ学術実験 
体内の水の変化を測定   被験者(個別12名、グループ実験35名)
全員の体内の水が演奏開始3分後に活性し始め、5分後には大きく活性した。

(3)EAV(ElectroAcupunctureaccordingtoVoII)
経絡に微弱な電流を流し、その電気抵抗値を測ることでエネルギーが乱れている部位を発見する
測定器。 被験者21名
シンギング・リンR使用後、経絡バランス、エネルギーバランスが整い、健康な状態に近づいた。

(4)バイオマーカーによるストレスの定量評価  山梨県立大学院 松下裕子教授
副腎皮質から分泌されるホルモンで、過度なストレスを受けると分泌量が増加する
コルチゾール値を測定。
ストレスが多い事例ほど、シンギング・リンRの音を聞いた後に値が低下した。
副交感神経にも影響を及ぼすことが立証された。

詳細なデータは、こちらをご参照ください。
https://www.sion-inc.com/research

ページTOPへ

シンギング・リン®とは

シンギング・リン®は、1打で全倍音を奏でることができる唯一無二の打楽器です。
この調和的な倍音の振動が、普段触れることのできないお体の深部にまで、速く浸透します。また、このシンギング・リン®を体の周りに複数並べ、共鳴させると、精妙な倍音の「音のドーム」に包まれ、瞑想しているような深い意識状態を生み出し、至福の感覚を体験できます。

シンギング・リン®のサウンドセラピー、ハーモニック サウンド・ドレナージュでは、心身の乱れてしまった振動数を調整し、様々なストレス等で溜まった凝りや滞りを緩めて流す働きがあります。体はもちろん、心の深い癒しが起こり、私達の本来持つ正常なリズムへと戻していきます。

シンギング・リン®のサウンドセラピーにより、ストレスを減少し、落ち着きを増し、体の細胞水を活性化する効果が、学術研究からわかっています。
全身の細胞が活性化し、血液やリンパ、気の流れが良くなり、続けてセッションを受けることで「自然治癒力」が復活し、人間本来の健康な状態に戻っていく事が見込まれます。

シンギング・リン®のサウンドセラピーは、心と身体のバランスを取り戻し、本来の自分の状態を思い出すきっかけとなります。

シンギング・リン®のサウンドセラピーは、医療行為ではなく、リラクゼーションを目的としています。

シンギング・リン®が体に与える影響

私たちは、1人ひとりが音を奏でる楽器のようなもので、私たちの体は本来、その細胞のひとつひとつが振動し調和しています。 しかし、ストレスや生活状況などの影響でそれらの振動が乱れていくと、細胞の働きが崩れリズムもずれて不調和音になってしまいます。
それが続き、だんだんひどくなると体や心の病気につながっていく要素の1つと言われています。豊かに、自分らしく、健康に生きていくためには、心と身体と魂の調和は必要不可欠です。
シンギング・リン®の倍音と振動(ハーモニック サウンド)に共鳴共振すると、身体と心の不調和が整い、本来の状態にチューニング(調律)され、今のあなたにとって一番バランスのとれた状態に戻ると考えられます。

体に直接伝わる音の振動

シンギング・リン®は、体の上に乗せて奏でることができます。それにより、全倍音と共倍音を聴覚と視覚、そして感覚から体感することができるのです。

人の体は60-65%水分でできているといわれており、体内にある水分がシンギング・リン®の音の振動によって安定し調和の取れた六芒星の形を形成して振動していきます。
また体内の細胞分子 水の部屋に入っているため、体内の水分が濁っていたり滞っていたりすると、細胞分子が振動しにくいため、セッションを受ける前後はお水を飲み、シンギング・リン®の振動が細胞に伝わりやすいようにすることがおすすめです。

すべてのシンギング・リン®は、音の周波数を一致させており、一度に5個のリンを奏でると、サウンドレゾナンス(音の共鳴)現象が起こります。一つのシンギング・リン®を奏でると、近くにある他のシンギング・リン®も共鳴します。複数の周波数で完全共振共鳴が起こるのは、世界でもシンギング・リン®のみ。
シンギング・リン®を でると、世界中のシンギング・リン®も量子力学での波動レベルで振動することになり、最も自然な調和の音色を、世界規模で奏でることになるのです。
※水が情報を記憶し、伝える媒体であることは最新の物理学の研究でも明らかにさせています。

ハーモニック サウンド・ドレナージュ

90分 ¥15,000 (税込)
初回 90分 ¥9,900 (税込)

※カウンセリング・施術・お仕度を含んだ時間となります。

オプション
10分 ¥2,500(税込)
20分 ¥5,000(税込)
30分 ¥7,500(税込)
回数券
180分 ¥40,500(税込) 有効期限3ヵ月
300分 ¥63,750(税込) 有効期限6ヵ月

学術研究&研究データについて

(1) 慶応義塾大学 満倉靖恵准教授 感性アナライザー
(世界初、人の感情をリアルタイムに測定できる機器)
被験者 20~60代男女 110名  ストレス低下・・・89名   沈静・・・87名
シンギング・リンRを聴いて心穏やかになることが立証された。

(2) 神戸大学とゆの里アクアフォトミクスラボ学術実験 
体内の水の変化を測定   被験者(個別12名、グループ実験35名)
全員の体内の水が演奏開始3分後に活性し始め、5分後には大きく活性した。

(3)EAV(ElectroAcupunctureaccordingtoVoII)
経絡に微弱な電流を流し、その電気抵抗値を測ることでエネルギーが乱れている部位を発見する
測定器。 被験者21名
シンギング・リンR使用後、経絡バランス、エネルギーバランスが整い、健康な状態に近づいた。

(4)バイオマーカーによるストレスの定量評価  山梨県立大学院 松下裕子教授
副腎皮質から分泌されるホルモンで、過度なストレスを受けると分泌量が増加する
コルチゾール値を測定。
ストレスが多い事例ほど、シンギング・リンRの音を聞いた後に値が低下した。
副交感神経にも影響を及ぼすことが立証された。

詳細なデータは、こちらをご参照ください。
https://www.sion-inc.com/research

ページTOPへ